買い取ってもらうためには何をすればいいの?

まずは手持ちの切手が売れるものかどうか知っておこう

買取ショップなどで切手を査定して貰う前に、まずその切手が売れるものなのかどうか、ある程度知っておくことが大切です。面倒だからという理由で、明らかに売れないものを大量に持ち込むと鑑定人の心証を悪くしてしまい、査定額にも響いてしまいます。確実に売れる切手として代表的なのが、シート切手です。たとえ希少性がなくとも通常の金券に近い扱いをされているので、額面の8~9割で買い取って貰えます。
バラの切手の場合は、希少性に応じてある程度選別しておくと好印象を得られます。レアではないバラの切手には額面以上価値が無いため、そのような切手はとっておき自分で使うようにすると良いでしょう。その他の例として、すでに使用済みであったり汚れていたり日焼けが酷い切手も、買取不可である場合が多いです。

切手を買取ってもらうために知っておきたい査定先の違い

金券ショップは切手の額面だけを評価しているので買取相場が安定しています。在庫の流動性がありシート切手の換金率が総じて高く、店舗によっては9割を越えます。ただし、使用しづらい大型の記念切手やシート状になっていない切手は扱っていないことが多く、希少性なども一切考慮されません。額面を統一して持ち込まないと、買取りを拒否されることもあります。
一方の切手専門店は、切手を金券ではなく骨董品などと同じ芸術品として鑑定しています。シート状でなくとも大丈夫ですし、記念切手も喜ばれます。消印が付いている使用済み切手でも、希少性があれば高値が付くことが多いです。
このように切手買取業者は、それぞれ欲しい切手の傾向が異なるので、ミスマッチが生じないよう気を付けることできちんと買取ってもらえますし、正当な査定額を得られるでしょう。